MENU

海外業者を使って利益が出た時の税金の仕組みを教えるよ

FX取引をしていれば税金のことは避けて通れません。ただし、他の税金のことでも言えることですがどうしたことか日本の税制はややこしいことになっています。簡単にすると何か不都合でもあるのでしょうか。 国内のFX業者を利用した取引における税金は申告分離課税となり、海外のFX業者を利用した取引のおける税金は総合課税になっています。どう考えても同じFXの取引ですが、申告する税金の性質が違っているということです。どうして同一の税制を採用しないのでしょうか。おそらくはほとんどの人は決まりだからと疑問に思っていても決まり通りに申告しているのでしょう。 どうも海外のFX業者は金融庁の認可を取っていないので、国税当局の見解では海外のFX業者を使ったFXの取引はデリバティブ取引ではないということのようです。そんな面倒な見解をしないで、いっそ海外のFX業者の利用を禁止すれば面倒なことにはならないのですが、回りくどいやり方であると思われます。

FXの税制に関する疑問

FXについて、利益が出た場合に申告すべき税制は国内業者と海外業者とでは全然違う税制になっているといっていいでしょう。 国内のFXの税金は申告分離課税であり、海外のFXの税金は総合課税になります。 個人投資家などからしてみればFXの取引は国内の業者を使おうと海外の業者を使おうとおなじFXの取引で違うことはほとんどありません。それにも関わらずそれぞれのFXの税金は大きく違っているというのは違和感を感じないほうがおかしいといえるくらいです。そういう制度なのだから仕方がないということで従っている人がほとんどでしょうが、間違ってはいけないのは税制というのは比較的頻繁に変更されるものということです。国内のFXの税金が申告分離課税に変更されたのもそれほど前の話ではありません。 変更しようとすればそれほど時間もかからずにできるはずといっていいのです。それをこのわかりにくいままにしているということはそこに何か意図があると勘ぐってしまいます。