MENU

取引スタイルによってトレードする通貨ペア(銘柄)を分けよう

よくFXはギャンブル性があるとか投機性が高いと言われます。

 

初心者には特にこのイメージが強いでしょう。FXに限らず、レバレッジを上限いっぱいまでかけてしまえば、投資戦略や取引量によっていくらでもリスクを取ることが出来ます。

 

これが大変危険なやり方であり、自分で管理できないくらいのリスクの取りすぎがギャンブルと揶揄されるのです。そういったやり方を選択する人はそもそも投資に対して向いていないと思います。初めから大きく稼ごうと仕込むのは投資ではありません。

 

明確な戦略や判断材料もなく、頻繁に短期で取引するならギャンブル性があると言っても良いでしょうが、基本的にFXも長期保有がメインです。長期保有ができる人だけが最終的に市場に残ります。そしてなるべくリスクを減らすために勉強するのです。

 

後は経験がものをいいます、市場が急落急騰などで資産が大きく目減りした経験がある人は資産を分散することの重要性に気がつくでしょう。いかに勝つかではなく、いかに負けないか、そこに争点を見出せる人が最終的に残ると思います。実際に私もそうでした。リーマンショックを耐え凌ぎ、投資銘柄の更なる分散を行うようになりました。これは私が市場に生き残るために選択したのです。