MENU

FX初心者のつぶやき

社会人になって3年目、貯金もたまりました。ストレスもたまりました。「仕事辞めたいな」とたびたび思うようになり、働かずに暮らしていける方法はないかな、と思い立ち、FXをはじめようと考えました。

 

思い立ったが吉日、を信条とする私。広告が目に留まったSBIFXに口座申し込みし、とりあえず100万円ほど入金し、ブックオフで買った本やブログを参考にしながら取引を始めました。

 

どの参考資料にも「証拠金維持率は高く保って」「上げて来たら買い、下げて来たら売る、トレンドフォローが肝」「利食いを焦らない」「損切が重要」と書いてあったので、素直に従った取引を心掛けたのですが、数か月経っても増えも減りもしない証拠金にだんだんと焦りを覚えるようになり、枚数を増やし、底値買いや天井売りを狙った無理なトレードを続けるようになりました。最初は大きく稼げるようになったものの、さらに枚数を増やしたトレードを重ねるうちに、次第に証拠金は減っていき、とうとう十数万の負けがこんできて、もうチャートを見るのすら怖くなり、半年ほど相場を離れました。

 

しかし、どうしても賃金以外の収入が必要になり、再び取引を開始しました。同じ轍を踏まぬよう、取引のルールを書いた紙を目に留まる場所に貼り、ポジションを持つ前にそれを読み上げることによって、無理な取引をしないようになりました。

 

今、何とか負けを取り返してきています。務め人を続けながらですが、給料以外の収入があることによって、心に余裕が出てきたような気がします。

 

FXに対する個人的なイメージ

FX、という単語をよく聞くので、一度ネットで調べてみた事があります。米ドルやユーロなどの外国通貨を売買して損益が生じる取引の事を指すらしい……?詳しく仕組みを調べていくと色々とややこしかったり面倒臭そうだったり、頭の冴えない自分には難しそうです。

 

とはいっても株取引などには少し興味があるので、初心者に向けて易しく解説しているサイトを閲覧する事も時々あったりします。

 

スワップポイントと呼ばれる2国間の金利差を狙って取引をしている人もいるらしく、通常のやり方よりも少ないリスクで経験がつめるという話にちょっと心が揺らいだり……。
一日中ずっと取引が行われているという長所もあるので、FXはやっぱり通常の株式投資などよりはずっと魅力的なのかもしれません。

 

手数料が少ないという点も魅力的で、慣れている人は結構な額を儲けているみたいなので、そういった解説や体験談などを読んでいると自分も一度は挑戦してみたいなあ、とついつい思ってしまいがちです。

 

それでも、やっぱり一歩読み違えると大損害、大借金、と最悪な事態に繋がる事もあるだろう……という怖さから、結局あと一歩が踏み出せずにいます。