MENU

海外FXで気をつけるべき点はここだ!

海外FXは、国内のFXと当然違います。その大きな違いを簡単に説明します。まず口座開設です。日本語で説明している所はありません。
ただブログ等で海外FXサイトを説明しているのを読めば、英語が解からなくても口座開設可能です。日本のFX会社なら、身分証明書を郵送で送ることも可能ですが、海外のFXの場合、スキャナーで取り込み電子ファイルで送らなければなりません。そこが、最大の違いだといえます。無事に口座開設が終わったら、入金となります。

 

日本の場合、金融機関から振り込めば完了です。最近は、クリック入金も増えています。一方、海外のFXでは、円で入出金できません。ユーロかドルです。だから、大手の銀行の外貨預金口座から海外送金する必要があります。当然、送金費用も高いです。無事に口座に入金できたとします。そうすれば、いよいよポジションを持つことになります。日本のFXの場合、円からロング、ショートですが、海外の場合は、基準通貨ユーロやドルからのポジションとなります。

 

勘違いして、逆のコマンドを押さないように注意する必要があります。最近ではスマホアプリからもサクサク取引できる反面ミスタッチも増えてご注文にも繋がる恐れが高くなっていますので。
スマホ

 

また、レバレッジも非常に高いため、日本のFXのような感覚で余剰証拠金を少なくするのは、大変危険です。

海外FXはリスクの程度を選べるけれど

海外FXはハイリスクでハイリターンを期待して挑戦した場合には大きな見返りを受け取れます。それが利益なら良いのですが損益を左右するのは運と情報であり、勝ち続けている間は幸運なのでしょう。もちろん手堅く運用するだけなら国債や安定した企業の株式の方が無難だと思います。

 

上下幅が小さくても大幅な見返りを受けられる仕組みが海外FXだからです。通常は想定された上下幅でしか動かないのでそれを前提にリスクを予想します。ところが世界の政治が実際にどう動くかなどは誰にも正確に予想出来ない事がリスクの幅を突然拡大したります。

 

もちろん想定外の利益が出る事もあるでしょう。想定外の損害を被りそうになった時に、損切りが早い段階でできるかどうかには様々な事情が大きな影響を与えます。

 

例えばサラリーマンが勤務時間中にこっそり隠れて取引しているなら、重要な判断材料に気付かず損害が拡大してしまいます。また24時間取引相場が動き続けるので利益見込みで寝て目が覚めたら大損していると云う事も起こります。投機性の高い運用をするなら特にリスクの程度は選べるけれどそれ自体が伸縮する事を覚悟する必要はあります。

海外FXは国内よりハイレバなので夢がある

海外FXに挑戦する人は、国内のFX業者で経験がある人だと思います。仮にFXがなくても株や先物などの投資は、間違いなく経験があると思います。国内業者の低レバレッジや横並びのシステムには不満があるので、海外FXに挑み短期間でお金を稼ぎたいと思っているはずです。
これは夢か?

 

私はそのような野心溢れる人に忠告できるほど、実力があるわけではありませんが、海外FXは国内よりも慎重に取引をするべきだと思います。それはもちとんレバレッジが高いからで、ほんの少しの油断で稼いできた大金を失う可能性が高いからです。絶対に勝てる手法がないのがFXであり投資の世界です。油断や過信は間違いなく、破滅への道だと思います。

 

しかし、そここそ臆病になるほど気をつけてトレード出来れば、間違いなく成功へのスピードは早いと言えます。仮に相場勘が当たり、トレンドに乗れれば短期間で億万長者にもなれるのが海外FXなのです。自動売買やアプリも豊富なので、FXに夢を掛けるなら挑戦する価値はあるでしょう。

海外FXは緊張感があった昔の取引を思い出せる

ゆくゆくはMT4で自動売買のFXをしてみたいと思っているので、その環境に慣れるために最近は海外口座で裁量取引をしています。国内との最大の違いとも言えるレバレッジの差は手法に対しての私の考えにも大きな影響を与えて、今ではクローズまでの期間がグッと短くなりました。だからわりと判断の早いデイトレを一日に何度も行うのが現在の私のやり方です。

 

元々成績は順調で海外FXという環境に移っただけだから、レバレッジ倍率の高さも相まって一日の利益が多くなることが増えた気がします。自己資金で調整して実質100倍程度で運用していますが、それでも国内の倍率に比べて4倍の資金を動かせるので、規制前に使っていた手法を再び用いています。

 

最近のドル円相場も10年近く前の急激な円安からの停滞というチャートに似ているから、それを参考にして先を予想するのが楽しいです。海外FXを始めてからは一昔前の緊張感のある取引が擬似的に再現されていて、お金を効率よく増やせる喜びを思い出すことができました。
>> おすすめの海外FX業者ランキング

少し前のFX体験談

少し前の話です。
『誰でも簡単に儲かる!』という口コミを見てFXをやってみたことがあります。

 

FXの仕組みをざっと見て、要は『安く買って高く売る』、もしくは『空売りして将来安く買い戻す』ことが出来れば良いんだな、と理解しました。
『ふーん、チャート見てやれば、たしかに初心者でも儲かるかも』というのが初めに感じたことです。私は理系出身ということもあり、グラフに親近感があったことも大きかったです。FXに興味を持てたのでやってみました。
カラフル

 

数万円を証拠金として、レバレッジを数十倍から100倍くらいかけて取引を始めました。米ドル、英ポンド、豪ドル、NZドルなどをやっていたと思います。少しの間にちょっと値が動くだけで、数千円損益が出るのは、新鮮な感じでした。初めの頃に数千円から一万円の勝ちが積み重なり、数万円利益を出すことが出来ました。しかし、所詮初心者の私がずっと勝ち続けられるわけもなく、負けも多くなりました。

 

FXだけに限らずギャンブル的要素があるもので、たちが悪いと思うのは、『負けを取り戻そう』という感覚が生ずることです。私の場合、値上がりを期待しマイナスのポジションを持ち続けてより値が下がってしまい、より多くの損失を生みました。逆にまた、さらなる値上がりを期待しプラスのポジションを持ち続けたが値が下がってしまい、結局利益が減ってしまったこともありました。

 

よくある話だと思います。
結果、数十万の損失を出したところでFXを止めました。

 

資金や精神面に余裕がある状態ならば、FXは十分に勝てる取引だと思いますが、私のような『少ない投資で大きく儲ける』という短絡的な考えでは、ほぼ負けるのではないでしょうか(^^;

 

そのような考えに至るのは、資金・精神で余裕はあまりない状況でしょうし。

 

『大きな投資で確実に少しずつ儲ける』のがFXの勝ち筋だと今は思います。